-->
in まやかし婚

まやかし婚156

-2 COMMENT




私を後ろから、強い力で抱き締めてくる道明寺。

こんなことしないでよ。
後ろから抱き締めるなんてことしないでよ。

道明寺から伝わる体温に、自分の体を預けそうになる。
道明寺から伝わる香りに、自分の頭が溶けそうになる。

素直に自分の気持ちを伝えたくなる・・・。
抑えても、抑えても、私の道明寺が好きって思いは大きくなる。

でも、ダメ。
絶対に言わないって、この想いを隠し通すって決めたんだから。

だから、私は何度も道明寺の腕から逃れようとした・・・。
でも、道明寺の腕が重い。
男の人って、筋肉質だからなのかな?
すごく重いの。

これが、男の人の腕の力なの?
でも、あの連れ去られそうになった時に、私を家畜のように扱った男たちとは全然違う。

道明寺は、私を優しく大切に、包み込むように後ろから抱き締めている。
それなのに、私の腕の力ではビクリともしなかった。

どうしたら良いのか全くわからない私の口からは、可愛くないことばかり出てくる。
そして、道明寺の腕から逃れようとジタバタした。

そう、私は道明寺に甘えてはいけない。
道明寺には、大河原さんって人がいる。

なんで、こんなことするのよ?
頭で考えられなくなるよ。
どうしたらいいのか、本当にわからなくなる。


そんな時、道明寺が言ってきた《旦那》って言葉。
きっと、道明寺にとっては、なにも意味がないただの言葉だ。

でも、もう頭で考えられなくなって、どうしたらいいのかわからない私にとっては・・・。
どう理解していいのか、どう受け取るべきなのか?
全くわからない、複雑な言葉に感じた。

そして、道明寺から発せられたこの言葉。
『滋との報道。あれは全部ウソだ。』
旦那って言葉よりも、もっと複雑で、どう受け取るべきなのかわからなかった。

なにがウソなの?
全くわからない。

―――――全部ウソってなに?
どうして、それを私に言うの?
なんの為に?

大河原さんと付き合っているの?
付き合っていないの?



この言葉だけでも、どう理解していいかわからない私を―――――。

!!!
道明寺は、ますます強く私を抱き締めてきた。


そして、私の髪に―――――。
道明寺は自分の顔を、私の髪にうずめてきたんだ。

!!!!!
なっ、なんでっ!どうしてっ?

道明寺の吐息までが、私の頭から伝わってくる。
その道明寺の吐息が―――――。
私の意識とは関係なしに、私の頭と肩、そして、背中がビクビク・ゾクゾクしてしまう。

それと同時に、私の頭の中がもっと真っ白になる。
自分の体中の力が、クタって抜けてしまいそうになる。



「なにがウソなの? 」
緊張の中、私が道明寺質問した言葉。

それなのに、その言葉は・・・。
突然リビングに鳴り響いた電話の音で消されてしまった。

ここの番号を知っている人は、ごく僅か。
私たちの結婚を知っている人たちだけだ。
その殆どが、私たちのスマホに直接掛かってくるようになっている。

この電話に掛けてくるほど、大切なことなのかもしれない。
「電話・・・。」

私の声に、道明寺はやっと私を抱き締めていた腕を緩めた。
そして、道明寺は、「わりぃ。」とだけ言った後、電話へと向かって歩き出した。



私は盗み聞きしているように思われるのが嫌で、自分の部屋へと戻った。

急いで自分の部屋のドアを閉める。
そして、その場に座り込む。

ドキドキした。
なんで、後ろから抱き締めてきたの?

すごく長い時間、抱き締められたように思ったけど、本当はどのくらい抱き締められていたのかな?

そして、あの言葉は・・・。
どう理解したらいいの?
ウソってなにがウソなのよ。

勘違いしちゃダメ。
辛くなる。

道明寺が、私に最初に言った言葉を思い出して!
『こんな貧相な女と結婚?運が尽きる。』
『一年後にキレイさっぱり別れられる相手。』
『ナガレイシの俺様もこいつには勃たねーぜ。』
そうだよ。道明寺は私に対して、こう言った。

道明寺と大河原さんとの報道がウソだったとしても――――――
道明寺は私のことを後ろから抱き締めてきただけ。

好きとか、そんなことを言われたわけじゃない。


道明寺に抱き締められたことは嬉しかったのに・・・。
私は複雑な気持ちになってしまった。

なにが『わりぃ。』なの?
私を抱き締めたことを、謝ってきたの?

道明寺は好きでもない人を、抱き締めたりするの?
道明寺は好きでもない私の髪に、なんで顔をうずめたりするの?

―――――男の人は、誰にでもそんなことが普通に出来るの?
だから、道明寺は大河原さんにキスしたの?

本当に好きな人としかしないんだよ、そんなこと。
誰にでも、そんなことする人なんてキライだよ。

・・・。
本当に、道明寺のことを嫌いになれたらどれだけいいのかな?

・・・。
嫌いになんてなれないよ―――――。






お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.
まぁこ
〇様

まぁこ

本当に引越しって大変ですね~。
でも、また引越しがあるかもな予感(>_<)
お待ちいただきありがとうございます。
しばらくは、二日に一度の更新となりそうです。
つくしちゃんのドキドキ感伝わっていただき何よりです。
コメントをありがとうございました。

  • 2021/04/04 (Sun) 14:09
  • REPLY
-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2021/04/03 (Sat) 12:46
  • REPLY